※掲載写真はイメージです。

 

PRESS RELEASE
報道関係各位

2017年12月11日
株式会社DRONE IP LAB

PDFはこちら

 

DRONE IP LAB「第1期共同出願キャンペーン・パートナー」と
ドローン関連技術100件についての特許出願を完了

 

この度、株式会社DRONE IP LAB(代表取締役 : 中畑 稔 以下、DIPL) は、千葉道場ドローンファンド(GP : 千葉功太郎)の出資先各社を中心とした「第1期共同出願キャンペーン・パートナー」との共同出願を完了しました。

今回の共同出願キャンペーンにおける出願分野ターゲットは、ドローンをはじめとする無人飛行体(UAV)の機体構造、自律制御/群制御、インフラの管理制御、ソフトウェア、無人移動体利用したビジネスモデルなど、ドローンにまつわる基盤技術から応用技術まで幅広く設定しました。

第1期共同出願キャンペーンでは、2017年8〜10月の期間中に千葉道場ドローンファンドの出資先各社を中心にキャンペーン・パートナーを募集いたしました。その結果、国産ドローン産業全体の競争優位性を獲得し得る技術やビジネスモデルが多数出願候補になりました。候補となった技術やビジネスモデルの中から、DIPLにて発明の精査および、先行技術の調査を行い、100件に絞り込みを行った上で共同出願を行いました。

DIPLは、今後も千葉道場ドローンファンド出資先各社の事業基盤の安定化と利益の最大化をサポートするとともに、国産ドローン産業の発展に資する技術やビジネスモデルに対しては、第2期共同出願キャンペーンの実施も含め、積極的に特許共同出願の提案活動を続けていきます。

※DIPLについて
DIPL は「国産ドローン産業の育成と発展を知的財産から支援する」ことを理念に創設された、千葉道場ドローンファンド直轄の戦略的会社です。知的財産の分野で実績のある専門家を中心に組織され、ドローン関連の知財プラットフォームおよび、メディア・マーケティングプラットフォームを企画・運営しています。

会社名 株式会社DRONE IP LAB
設 立 2017年5月8日
資本金 8,000万円(資本準備金含む)
代 表 中畑 稔
所在地 東京都中央区晴海3-13-1
URL  http://d-ipl.com
問合せ rokuta@d-ipl.com (担当:六田友佳理)

 

 

 

▼English edition

PRESS RELEASE

12/11/2017
DRONE IP LAB INC.

DRONE IP LAB filed 100 inventions for drone-related technologies with the first-round campaign partners

 

DRONE IP LAB Inc. (CEO: Minoru Nakahata, “DIPL”) completed filing for 100 inventions with the first-round campaign partners, the drone startups invested by Chiba Dojo Drone Fund (GP:Kotaro Chiba).

The target technology areas for the first-round campaign widely cover drone-related fundamental and application technologies including unmanned aerial vehicle (UAV), frame structure, autonomous control/cluster control, management control of infrastructure, software and business model using UAV.

In the first-round campaign, DIPL invited a joint partnership to the drone startups invested by Chiba Dojo Drone Fund from August to October 2017, and harvested many patentable technologies and business models that potentially have advantages for competition in the drone industries. After careful review and patent searches, DIPL selected 100 inventions for filing.

DIPL will continue to support the drone startups invested by Chiba Dojo Drone Fund for sustainability of the business foundation and maximization of the profits, and will actively continue to support them for joint patent filings related to technologies and business models that have potential contribution to expansion of domestic drone industries.

**About DIPL:  DIPL , established directly under the ‘Chiba Dojo Drone Fund’, is a strategic institution with a philosophy of “offering intellectual property management services for growing and expanding Japanese drone industry”. DIPL plans and manages intellectual property and media marketing platforms for drones.The members of DIPL are highly experienced experts in intellectual property field.

DRONE IP LAB Inc.
3-13-1, Harumi, Chuo-ku, Tokyo, JAPAN
CEO : Minoru Nakahata
Founded : May 8, 2017
Capital:  80 million yen (including capital reserve)
URL:   http://d-ipl.com/
E-Mail:   rokuta@d-ipl.com (Yukari Rokuta)

 

 

▼中文版

PRESS RELEASE
媒体发布

2017年12月11日
DRONE IP LAB股份有限公司

DRONE IP LAB公司“第一期共同专利申请活动及合伙人招募”

100件DRONE相关技术专利申请完成

 

此次DRONE IP LAB股份有限公司(董事总经理: 中畑 稔、以下简称DIPL公司)以千叶道场DRONE基金(普通合伙人:千叶功太郎) 各出资方为主导,“第一期共同专利申请活动与合伙人招募”活动圆满结束,同时完成共同专利申请。

本次共同申请活动中涉及的申请专利标的所属领域包括:以DRONE(小型无人机)技术为主的无人移动体机体结构、自动驾驶/群驾驶、基础设施管理驾驶、相关软件、运用无人移动体技术的各类商业模式等,从DRONE周边基础技术到应用技术,涵盖内容甚为广泛。

第一期共同申请活动于2017年8月至10月期间举行,以千叶道场DRONE基金各出资方为中心的招募活动成功募集到了项目合伙人。此次招募活动使得未来即将整体提升日本国产DRONE产业竞争优势及商业模式的大多数申请企业得以进入注资备选名单。本次活动在各项备选技术以及商业模式中,由DIPL公司深入审查,最后筛选出100件方案并实施共同申请流程。

DIPL公司今后将继续为千叶道场DRONE基金各出资方公司实现事业稳定增长以及利润最大化助一臂之力,与此同时我们未来将对促进日本国产DRONE行业成长的各类技术及商业模式,陆续积极推出各项专利共同申请的提案活动,也包括我们即将开展的第三期共同申请活动。

※关于DIPL: 公司 DIPL公司是基于“从知识产权领域助力日本国产DRONE产业孵化及发展”之理念而设立,为千叶道场DRONE基金旗下直属的战略性公司。公司汇集知识产权领域实绩斐然的各路专家人士,企划并运营DRONE相关知识产权平台、媒体营销平台等。

公司名称:DRONE IP LAB股份有限公司(日语:株式会社DRONE IP LAB)
设立日期:2017年5月8日
资本金:8,000万日元(含资本准备金)
法人代表:中畑 稔
所在地:东京都中央区晴海3-13-1
公司主页:http://d-ipl.com/
邮箱:rokuta@d-ipl.com  (Yukari Rokuta)